オリジナルTシャツの評価

オリジナルTシャツは会社でのイベントごとや行事などでその活躍の場を広げています。大きな会社では、何千枚も注文を受けることもありますが、小さな会社でも十数枚から制作しています。しかし、今このオリジナルTシャツの需要が企業で増えていますが、実際にこのオリジナルTシャツを依頼した側の評価がどのようなものか気になるのではないでしょうか。今回は実際にオリジナルTシャツを依頼した企業の評価についてみなさんに紹介させていただきます。

納期オリジナルTシャツにだけ言えることではありませんが、イベントなどで着用する場合、他の催し物などと同時並行して進めている場合がありますので、担当者も暇ではありません。そこで問題となってくるのが、納期の問題です。実際に業者にオリジナルTシャツを発注してからどの程度の期間で届くものなのでしょうか。業者によって、納期はずれてきますが、平均して1週間程度で納品されると考えておきましょう。もちろん依頼枚数が増えれば増えるほど、納期が延びる可能性もありますが、実際に依頼した会社では納品までにもっと時間がかかると思っていたケースが多いので、1週間納品はとてもスピーディーで良い評価につながっています。

また、どうしてもオリジナルTシャツは制作単価が安いので1度きりの消耗品だと思っている会社も多いです。しかし、今のオリジナルTシャツはその素材にもこだわっていますので、市販されているTシャツと何ら変わりなく、1度や2度の洗濯でよれてしまう心配もありませんので、安心してください。

【参考サイト】Citto+:オリジナルTシャツ制作業者

企業でのオリジナルTシャツ着用について

オリジナルTシャツは決して学生だけのものではありません。一昔前までは、どうしても学生達が使用するものとして定着してきましたが、今では学生達が使用するものの他、企業がオリジナルTシャツを制作するという場面も著しく多くなってきました。

オリジナルTシャツ定番なオリジナルTシャツは会社のイベントや展示会などで使用することが多いですが、企業ではこの他にもこのオリジナルTシャツを使用する場面が多くあります。みなさんであればどのような時に会社でこのオリジナルTシャツを制作しようと思うでしょうか。

現代の日本企業では、特別なイベント時だけにオリジナルTシャツを着用するという認識以外に、日頃の業務の中でもこのオリジナルTシャツを取り入れているケースも増えてきています。人間は同じ洋服などを着用することで無意識に仲間意識が芽生え、自然と仕事の効率などが良くなり、それが業績などにも反映されることがあります。そのようなことを知っている企業は、夏のクールビズの際にこのオリジナルTシャツを制作して、社員全員で同じオリジナルTシャツを着用するということがあります。みなさんが勤めている会社でまだ導入していないのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

オリジナルTシャツ制作の多様性

オリジナルTシャツと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?オリジナルTシャツはどちらか言えば、学生時代に部活動や文化祭を行う時にチームやクラス全員で制作する定番のアイテムでした。しかし、近年ではオリジナルTシャツは学生だけが使用するという認識ではなく、老若男女オリジナルTシャツを着用するケースが増えてきました。その中でもイベントなどで着用するイベントTシャツは代表的な一つと言えるでしょう。今回はこのイベントTシャツについてみなさんに紹介させていただきます。

オリジナルTシャツイベントTシャツはその名前の通り、様々なイベント時に使用されるオリジナルTシャツのことです。そのイベントとはどのようなイベントが多いのでしょうか?まず、挙げられるのが、会社単位で行われるイベントで使用されるケースです。これは会社の規模にもよりますが、大きな会社では運動会やその他社内イベントが開かれることが多くあります。チームに分かれてゲームなどを行う場合がありますので、会社の福利厚生の一つとしてこのイベントTシャツを使用することがあります。

オリジナルTシャツは団結力などをアピールする場合にとても効果的なツールの一つと言えるでしょう。従来の部活動や文化祭、前述した会社イベントなどで使用する場合は、どちらかと言えば、内輪のみに使用するケースでしたが、オリジナルTシャツを外で使用する場合もあります。それは展示会などで他社との差別化を図るために、会社のロゴやイメージカラーを取り入れたオリジナルTシャツを着用することで、より一層自社のアピールポイントとすることができます。オリジナルTシャツは、様々な場面で効果的な商品と言えるのです。